高年齢の有期契約労働者をより安定した雇用形態に転換する事業主に対して助成するものであり、高

年齢者の雇用の推進を図ることを目的としています。

 

(対象労働者)

  • 申請事業主が雇用している通算雇用期間が6か月以上で50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者であること
  • 労働契約法第18条に基づき、労働者からの申込により無期雇用に転換した者でないこと
  • 無期雇用労働者として雇用することを約して雇入れられた有期契約労働者でないこと
  • 無期雇用への転換日の前日から過去3年以内に、当該事業主の事業所に無期雇用労働者として雇 用されたことがないこと
  • 支給申請日において離職していないこと

 

(助成金の要件)

  • 有期契約労働者を無期雇用労働者に転換する制度を就業規則に規定していること
  • 高年齢者雇用推進者選任に加え、次の1~7の高年齢者雇用管理に関する措置を1つ以 上実施していること
  1. 職業能力の開発および向上のための教育訓練の実施等
  2. 作業施設・方法の改善
  3. 健康管理、安全衛生の配慮
  4. 職域の拡大
  5. 知識、経験等を活用できる配置、処遇の推進
  6. 賃金体系の見直し
  7. 勤務時間制度の弾力化

 

(支給額)

生産性要件達成
対象従業員1人当たり 48万円 60万円