中高年齢者(40歳以上)の方が、起業によって自らの就業機会の創出を図るとともに、 事業運営のために必要となる従業員(中高年齢者等)の雇入れを行う際に要した、 雇用創出措置(募集・採用や教育訓練の実施)にかかる費用の一部を助成します。

 

【要 件】

  • 起業者が起業した法人または個人事業の業務に専ら従事すること
  • 起業者の起業基準日における年齢が 40 歳以上であること
  • 起業基準日から起算して11箇月以内に「雇用創出等の措置に係る計画書」を提出し、都道府県労働局長の認定を受けていること
  • 計画書で定めた計画期間(12箇月)内に、対象労働者を一定数以上新たに 雇い入れること
  • 支給申請書提出日において、計画期間内に雇い入れた対象労働者の過半数が離職していないこ
  • 起業基準日から起算して支給申請日までの間における離職者の数が、計画期間内に雇い入れた対象労働者の数を超えていない事業主であること

 

(支給額)

雇用創出措置に要した費用に、以下の助成率を乗じた額を支給します。

起業者の区分 助成率 助成額の上限
高年齢者(60歳以上)の場合 2/3 200万円
40歳~59歳の場合 1/2 150万円

※この助成金は費目ごとに定める経費の上限額があります

助成対象費目 上限額
「民間有料職業紹介事業の利用料」 45万円
「求人情報誌、求人情報サイトへの掲載費用」 22万円
「募集・採用パンフレット等の作成費用」 45万円