事業規模の縮小等に伴い離職を余儀なくされる労働者等に対し、再就職の支援や、その受入れを行う事業主に助成金を支給します。転職させる企業(送り出し企業)だけでなく、転職者を受入れる企業(受入れ企業)にも助成金が支給されます。

 

【助成金の内容】

労働移動支援助成金  
再就職支援奨励金 ・離職する従業員の再就職支援を就職支援会社に委託した場合に助成(再就職支援委託時と再就職実現時に支給)

・求職活動のための休暇を与えた場合に助成(再就職実現時に支給)

受入れ人材育成支援奨励金 ・再就職援助計画などの対象者を離職後3か月以内に期間の定めのない労働者として雇い入れた場合に助成

・再就職援助計画の対象者や移籍者、在籍出向からの移籍者などを受入れ、訓練を行った場合に助成

 

【支給額(再就職支援奨励金)】

再就職支援委託時 10万円
再就職実現時 (「委託総額」-「訓練加算」-「グループワーク加算」)×2/3

(対象者が45歳以上の場合4/5)

訓練加算 訓練の実施を委託した場合、月6万円上乗せ(3か月まで)
グループワーク加算 3回以上のグループワークを実施した場合、1万円上乗せ
休暇付与 8000円/日(対象者一人当た来180日分)

※委託経費が20万円に満たない場合は、「委託費用×1/2」

※上乗せ加算や休暇付与は500人までが上限

 

【支給額(受入れ人材育成支援奨励金)】

早期雇入れ 1人当たり40万円 上限:500人分/年
OFF-JT 賃金助成 対象者1人1時間当たり800円 上限:1人当たり1200時間/年

OFF-JTは全体時間数の1割以上実施

経費助成 訓練経費の実費相当額(上限30万円)
OJT 実施助成 対象者1人1時間当たり700円 上限:1人当たり680時間/年

OJTは全体時間数の9割以下で実施