労災特別加入

経営者の労災保険制度

中小企業事業主等の特別加入

通常経営者は、労働者災害補償保険法の適用を受けることはできません。
しかし、経営者でもその業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて
保護することが適当であると認められる一定の人には特別に任意加入が認められております。
これが特別加入制度です。弊所ではこの制度を使い、経営者でも特別加入することができます。

中小企業事業主等とは

中小企業事業主等とは以下の①、②に当たる場合をいいます。
① 下表に定める数の労働者を常時使用する事業主
(事業主が法人その他の団体であるときは、その代表者)

② 労働者以外で①の事業主の事業に従事する人
(事業主の家族従事者や、中小事業主が法人その他の団体である場合の代表者以外の役員など)

労働者を通年雇用しない場合であっても、1年間に100日以上労働者を使用している場合には、
常時労働者を使用しているものとして取り扱われます。

業   種 労働者数
金融業
保険業
不動産業
小売業
50人以下
卸売業
サービス業
100人以下
上記以外の業種 300人以下

一人親方の特別加入

建設現場では、元請業者が一括して下請業者の雇用者の労災保険に加入するのが原則ですが、
雇用者ではない一人親方は、この労災保険の適用を受けることができません。
しかし、任意加入により労災保険に加入することができます。

 

 

お気軽にご相談ください TEL 06-6264-6264 平日9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 河本社労士事務所 All Rights Reserved.